1. >
  2. >
  3. 高校の許可が下りやすいバイトとは?

高校の許可が下りやすいバイトとは?

一般的に高校ではバイトを禁止している、または許可制にしているところが多いものです。

あなたが通う学校が校則でバイト禁止になっていて、もし学校に内緒でバイトをしようと考えているのなら注意が必要です。

校則が厳しい高校なら、バイトしていることがばれたら停学になることがあるからです。

また、バイトを採用する側であるお店の立場では、学校の許可を取っていない生徒をバイトで採用するのは、色々なところから苦情を言われたりしますのでリスクがあります。

特にコンプライアンス(法令遵守)のしっかりした企業では、法律はもちろんのことローカルルールもしっかり守る傾向にありますから、バイトに応募したお店から学校の許可証を提出するよう求められることもあるんです。

したがって、学校の許可があればバイトできるのであれば、ちゃんと許可証を取った状態でバイトに応募しましょう!

ところで、このページのタイトルにもあるように、高校の許可が下りやすいバイトがあるのですが、それは何のバイトだと思いますか?

それは「郵便局のバイト」です。

それも年末年始の年賀状の仕分け、配達で忙しい時期の郵便局のバイトです。

なぜ年末年始の郵便局のバイトが学校の許可が下りやすいかというと、冬休み限定だから。

やはり学校側も、常時バイトをさせるとなると、勉強や部活動がおろそかになるのは目に見えていますから、簡単に許可は出しません。

しかし、冬休み期間中だけのバイトなら、まぁやむを得ないと許可が下りやすいのです。

したがって、冬休みの郵便局のバイトは積極的に狙ってみましょう!

なお、年賀状の配達はおなじみの赤いバイクで配達するのが一般的で効率も良いですから、高校生に配達をさせることはほとんどありません(ごく稀に自転車で配達している子もいますが。。。)

ほとんどは、年賀状の仕分けで内勤になると思って大丈夫ですから、「免許もってないけど?」とか「配達先が覚えられるかな?」といった心配はしなくて大丈夫ですよ!

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません